HOME > 製品紹介 > スキャンウィル (油圧ブースター)
 

ケーシングトングにおけるスキャンウィルブースター

スキャンウィル油圧ブースターは、長年ケーシングトングに使用されてきました。接続工程間にパイプを固定するため高いクランプ力が必要とされます。油圧システムの圧力が不足する場合、トングは必要とされるホールド力を確保できません。
この問題を克服するため、スキャンウィル油圧ブースターは油圧システム内に容易に導入することが出来るように設計されています。
スキャンウィル油圧ブースターは、1.5〜16倍までの増圧比率を持っています。ブースターを使用することで、標準的な油圧パワーユニットに対し、高圧機能と速度を得るための柔軟性を持たせることが出来ます。