HOME > 会社概要 > 沿革
 
 
1921年 4月   大塚パッキングとして個人創業。
1950年 11月   資本金100万円にて大塚パッキング株式会社を設立。
1956年 9月   品川工場を増設、自動車用ガスケットパッキングの生産能力を拡大。
資本金を450万円に増資。
1961年 10月   受注増大のため市川市に新工場を建設。
1962年 8月   ドイツOHLER FLEX ROHR社(現NOVELIS社)と技術提携し、フレキシブルチューブ
製造機購入契約を結ぶ。
  11月   資本金1350万円に増資。
1963年 3月   市川工場第一次建設を完了、フレキシブルチューブ製造を開始。
1965年 11月   市川工場増築工事を完了、品川工場のガスケット部門を市川に移転する。
1969年 2月   市川第二工場完成、市川第一工場のフレキシブルチューブ製造部門を移設しフレキシブルチューブの専門工場とする。
  3月   OHLER FLEX ROHR社(現NOVELIS社)よりフレキシブルチューブ製造機の大型機を購入。本格的に建設用空調フレキシブルダクトの製造販売を開始し、世界貿易センター、帝国ホテルに納入。
  6月   自動車の欠陥車問題を契機に、当社の不燃性フレキシブルチューブが脚光をあび、
その技術開発と製造販売の実績を上げる。
1970年 5月   セミフレックスチューブ製造機をOHLER社より購入、その製造販売を開始、新宿京王プラザホテルに納入。
  11月   本社社屋を港区芝より品川区南品川に移転。創業50周年を迎えると同時に本社社屋完成。
  12月   製造品目多様化のため社名を、株式会社オーツカに改称する。
1972年 4月   大阪支店開設。
1973年 5月   西独 WALTER STAUFFENBERG社とパイプクランプの製造販売について技術提携。
1974年 10月   前社長大塚安三郎急逝に伴い、大塚良夫社長就任。九州支店開設。
1977年 9月   名古屋支店開設。
1978年 6月   千葉工場第一期建設工事を完了。パイプクランプの製造販売を開始。
1981年 11月   千葉工場にてフレキシブルホースのアッセンブリを開始。
1987年 12月   米国フォード社とワンタッチカップリング「SLC」の技術提携を結ぶ。
1990年 6月   千葉工場第二工場の建設完了。
市川第二工場設備を移設し、自動車用フレキシブルチューブの生産能力を拡充。
  10月   デンマークリナーク社と電気アクチュエータで提携。
1991年 2月   オーツカテック(株)を設立し、ガスケット・パッキンおよびパイプクランプの製造会社と
する。
1995年 4月   市川工場をオーツカフレックス(株)として分社化。
  10月   中国大連に大連フレックス社を設立し、中国内での自動車部品需要への対応を図る。
1996年 11月   千葉第一・第二工場をエーシーフレックス(株)、プロフレックス(株)として分社化。
  12月   米国内自動車メーカーへの、衝撃エネルギー吸収材の提供を目的として、米国テネシー州にオーフレックス,INC.を設立。
1999年 6月   資本金を1億500万円に増資。
2002年 2月   千葉第一工場九州製造部を設立し、フレキシブルホースのアッセンブリを開始。
  11月   前社長大塚良夫会長就任に伴い大塚邦夫社長就任。
2003年 4月   オ−ツカテック(株)にて介護用ベッド製造開始。
  8月   エーシーフレックス(株)にてインフレーターパイプ製造開始。
  10月   米国オーフレックス,Inc.を4社に分割し、オーフレックスグループ,Inc.を持株会社と
する。
2005年 1月   中国上海市に上海フレックス社を設立。
2007年 1月   国内製造関係会社4社を株式会社オーツカが吸収合併し、製販一体化を図る。
  5月   米国アラバマ州で隔離処理を行うSEACO(O-FLEX METAL FINISHING,INC.)を買収。
2009年 4月   船橋ハイテクパーク内に船橋工場を建設し、市川工場を移転。
  12月   中国上海フレックス社の業務を中国大連フレックス社に統合。
2014年 4月   前社長大塚邦夫会長就任に伴い大塚宏之社長就任。